心が晴れない眠れない時は心療内科へ相談|早期受診が改善の鍵

いいクリニックを選ぶには

手を広げる女性

いい医師の見極め方

心療内科のクリニックは都会を中心に増えています。どこの心療内科を選んでいいか分からないという人も多いはずです。初診であれば、ネットの口コミや、知り合いの評判などを参考に選ぶのも良いでしょう。初診や、その後数回の診療で、医師との相性や、信頼できそうな医師か見極められると思います。いい医師かを見極めるポイントは以下のようなものが挙げられます。「患者さんの話をしっかり聞いてくれる」「患者さんの質問に丁寧に答えてくれる」「時間を取って診療してくれる」「通院中に治療による変化をきちんと聞いてくる」「治療法や薬の説明をきちんとしてくれる」「一度に何種類もの薬を処方しない」「同じような効果の薬を大量に処方しない」などがあります。インターネットの口コミや知人の評判が良くても、相性の合わない医師はいるでしょう。まずは初診で診てもらい、数回通って、自分に合いそうかどうか見極めることが大切です。もし、自分に合わなければ、クリニックを変えることも必要です。医師との相性以外に、クリニックが通いやすいかどうかもポイントになります。精神的な疾患は長期の治療が必要になる場合が多いです。あまり遠いクリニックでは、通うのに負担になります。

精神科よりハードルが低い

うつ病の症状が出たとき、病院に診てもらう際、精神科で診てもらおうか、心療内科で診てもらおうか悩む人は多いようです。精神科はうつ病や不安障害など心の疾患全般を扱います。不安、抑うつ、不眠、イライラ、妄想、幻覚、幻聴などが該当します。心療内科は内科の側面が強いです。基本的には体の病気を扱います。ストレスなどの精神的な要因により、体に症状が出た場合に受診します。例えば、精神的なストレスからくる過敏性腸症候群や胃潰瘍などが該当します。このように厳密には違いがありますが、実際には、精神科でも心療内科でもほぼ同じ疾患を扱っているのが実情のようです。気分が落ち込む、イライラするなどの症状であれば、心療内科でも対応しています。精神科というと、一昔前は偏見がありました。現在は偏見は薄れてきていますが、やはり、精神科には行きたくないという人もいます。精神科には行きたくないけど、どうしても自分では治せないのでどうにかしたいという人は、心療内科を受診するのも方法の1つです。心療内科は心身の両面から診てくれるところがメリットです。例えば、過敏性腸症候群は精神的ストレスが大きく関係していると言われています。そのため、内科の診療では分からなかった病気の原因を知ることができたり、内科とは違う治療法を提案してくれることもあります。

体と心の問題を解決する

悩むウーマン

心療内科は、心の症状よりも体に出る症状のほうが強くても問題は心にあることが多いです。受診する前は、具体的な症状をメモするなどして事前に準備しておくとスムーズに診断が行われます。治療は、ストレスに対処していくことが大切になります。

More Detail

薬を使用して

女の人

心療内科では薬物を使用して心理的な治療も行っています。西洋医学的な薬を使用しますが、中には漢方薬を使用して治療を行っている心療内科もあります。それぞれ服用に際しては医師の指示に従って正しく服用するようにしましょう。

More Detail

心身症の治療を行う診療科

2人の医者

精神科と心療内科は同じようなイメージがありますが、明確な違いがあります。心療内科は心の悩みが原因で身体的な症状を発症している患者を治療します。このような症状を心身症といいます。心療内科にくる患者の多くはストレスが原因です。心身症を防ぐには普段の生活でストレスを解消する工夫が大事です。

More Detail

心と体の健康を保つ

ウーマン

心療内科は心と体のケアが同時に出来るところです。体の症状を専門とする内科と心の症状を専門とする精神科どちらを受診するべきか判断がつかない時に受診すると良いと言えます。精神科よりもイメージが良く、通いやすいという点は症状の改善や治療が行いやすいことを意味しています。

More Detail