心が晴れない眠れない時は心療内科へ相談|早期受診が改善の鍵

体と心の問題を解決する

悩むウーマン

症状を確認しておく

心療内科とは、体の不調を感じるのに内科では異常が見られず病気との関連が低いと考えられる場合や心にも不調を感じているが体に出る症状のほうが強いと感じる時などに受診する医療機関のことです。その他にも、精神科に行くことに抵抗がある人や内科と精神科などどの医療機関を選べばよいかわからないという人など様々な人が受診します。心療内科を受診する際は、適切な診断を受けるためにも自分の症状を前もって確認しておくことが大切です。頭の中で説明することを考えていても、実際に受診すると全ての症状を説明しきれていないことが多いと言われています。そのため、出来る限りメモを書くなどして具体的な症状の説明が出来るように準備しておくことが大切です。どんな症状がいつから出ているのか、どんな状況で症状が起きるのか、どのくらい続いているのか、どの症状が一番つらいと感じるのかなどを細かく書いておくと安心です。うまく説明できなくても、紙に書いたものを医師に見せれば伝わることも多いので極力メモを書いて受診すると良いと言えます。その他には、家族や友人など誰かに付き添ってもらうと普段の様子などの客観的に見た症状がわかるため、診断に役立つことがあります。

ストレスの対処を考える

心療内科は、心よりも体に症状が現れる時に受診する医療機関ですが、体に出る症状も心が原因であることが多いため多くの場合はストレスを対処する治療法が行われます。症状が強い場合は、その症状を緩和させるために鎮痛剤や睡眠導入剤、気分安定剤などの薬が処方されることがあります。しかし、薬物療法は一時的な治療法になるため根治治療としてはストレスに対処していく治療が基本になります。まずは、自分がどんなストレスを抱えていてどう感じてるのかを自分自身で知る必要があります。そして、そのストレスに対してどう対処するべきかを考え具体的に行動に移していきます。ストレスに対処するには、自分なりの発散方法を見出すことも大切ですがそれよりも考え方を養うほうが大切であると言えます。自分の好きなことや趣味に没頭したり、体を動かす、しっかりと休養を取ることなどが主なストレスの発散方法になります。それ以外にも、ストレスを感じたらどう考えるか、そのストレスとどう向き合っていくかを考えることでストレスに直面した時の負担が軽くなると言えます。心療内科は、心の問題を解決して体の症状を改善できるところであるため根気よく治療を続けていくことで心も体も健康になります。